181230京王沿線御朱印@大國魂神社+深大寺+金龍寺+金王神社

行程:府中本町→大國魂神社→府中=飛田給→味の素スタジアム→西光寺→西調布=調布=深大寺BS→本堂→元三大師堂→開山堂→玉乃屋/昼→深大寺BS=金子(東京都)BS→金龍寺→つつじヶ丘=渋谷→宮益御嶽神社→金王神社/渋谷城→渋谷。9.9Km、257分

今日の散策は、大國魂神社+調布七福神+深大寺城跡リベンジでしたが、寒くて調布七福神1つ目で、歩くつもりが電車に乗ったり、七福神巡りのはずが、いくつかパスして深大寺の蕎麦食べて&年越しそば買出しに代わりました…なおその後は渋谷で神社巡りまして、御朱印アートも満足。
☆東京五社を結願#半年かかりました
画像
コラボ:mamiさん

§1.大國魂神社
 左上左:京急のゆるキャラ”けいきゅん” らしいが、流行ってはないと思います、左上右:府中本町からスタート、左下:北側にある大鳥居ではなく西門から大國魂神社いーん、右上:大きな隋神門を抜けて、右下:枝垂桜と中雀門をくぐり、
画像
 上左:中雀門の回廊のところにおかまじめ授与の窓口ですが、9時半前で開いてません、上右:本殿にお参りして、下左:「総社六所宮」の扁額、下中:社務所の前に橙?、
画像
 左:本殿に戻り、イノシシの大きな絵馬、右:末社をめぐりましたが、上から、住吉神社・大鳥神社、東照宮、巽神社、中:御神木の銀杏、
画像
 上:松尾社に、東京の地酒と、珍しくビールが奉納されていました、下左:水神社、下中、下右:中雀門を出ると右手に鐘楼があり、
画像
 左上:隋神門を内側から見て、その先に宝物殿#大きな太鼓があるらしいが、開館前でした、左下:付近にはよく見ると鶴石、亀石、隋神門の裏には大黒様が、右:大鳥居を出ると、府中駅前のケヤキ並木路へ
画像

§2.深大寺
 上左:電車で飛田給ヘ移動、上右:味の素スタジアムは本当は東京スタジアム といい、FC東京と東京ベルディなどのホームスタジアムです、下:スタジアムのすぐ横のR20には東京オリンピックマラソン折り返しの碑#コースはこんな感じだそうですが、その後このコース使われていない?
画像
 ここから調布七福神をめぐりますが、一つ目の正光寺へ。知りませんでしたが、近藤勇の座像がありました
画像
 左上から:仁王門、観音堂、本堂と回りましたが、元旦から七日の開催で幟もない状況#つまらん!歩いて深大寺へ行く予定でしたが、蕎麦屋が混む前に深大寺へ行こうということで、”七福神”はパス
画像
 左上左、左下:調布駅(円谷プロダクションで町興し)からバスで、左上右;深大寺へ、京王バスは右上の地図①#180304に来た三鷹からは小田急バスは②が乗降場所、右下:鬼太郎茶屋(深大寺はゲゲゲで町興し)
画像
 左、中上:山門から本堂へ。天台宗別格本山。正式名称を浮岳山昌楽院 深大寺、中下:本坊旧庫裡の西側が御朱印所で、右:深大寺開創1300年記念で、深沙大王の御朱印が毎月17日にもらえるようです
画像
 左中:本坊旧庫裡を別角度で、左下:氷が張ってたのか、雪が解けたのか?、中:鐘楼の横の巨木の横に石碑、右:絵馬
画像
 3月に来た時には人が多くて寄れなかった、左上:元三大師堂とおびんずる様(賓頭盧尊)、左下:開山堂、右:玉乃屋で深大寺ビールと天ぷらそばをいただき、昼食に
画像
 上左:坂を下っていくと、”300円で国宝が見れるよ”と親父さんに教えてもらったが、実際には見れなかったのでこちら#銅造釈迦如来像 国宝白鳳仏、上右上:蕎麦屋が多いですが二八そばの店も、上右下、下右:大黒天、恵比寿尊、「龍虎」の石像、下左3枚:神代寺公園の水生植物園に深大寺城があって、見に行くが閉園で戻ってきたが、バスに乗る前に数分あったので、山門の前のお店で、年越し用のそばを買って、バスでつつじヶ丘へ向かう。バスが出てすぐに青渭あおい神社があります#3月に来た時の写真を再掲載
画像

§3.金龍寺
 左上:朱塗りの門で有名な金龍寺ですが、調布七福神巡りのオプションで回ろうと考えていましたが、右中:十王や、右下:薬師如来など仏像がたくさん
画像
 こちらが十八羅漢尊者なのですが、どこかにお隠れで16体しか撮れませんでした…、
画像
 左上左:大慈母観音像、左上右、左下:本堂と曹洞宗の開祖道元禅師像、右上:八仏尊#十二支の守護仏、右下:露光の石像と御朱印
画像
 上、下左:リスはすばしっこくて撮るのが大変!
画像

§4.金王神社
 高尾線から井の頭線に乗り換えて、上左:渋谷へ、上中、上右:ハチ公前に寄り、下:宮益御嶽神社
画像
 上:社務所は閉まっていて、御朱印もいただけない#リンクから確認してください。狼の狛犬がかわいい、下左:青山通りに面している渋谷クロスタワーには、尾崎豊のレリーフ、下中:六本木通りを横切って、金王神社へ、下右2枚:渋谷城の石垣が置いてあります。城主渋谷金王丸にちなんで、金王神社
画像
 左:お参りしてから、御朱印をいただきました、右上2枚:金王桜は本殿の右側にあります、右下2枚:金王丸は頼朝や義経の父である義朝の家来で、平治の乱で死亡
画像
 左上:稲荷神社と平成三十一年己亥つちのとい年の年号が、左下、右上:帰りは正面から出て、右下:道を挟んでお隣には、豊栄稲荷神社
画像

皆様、良いお年をお迎えください!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック