190504相模國六社巡り1日目

行程:茅ヶ崎=鶴嶺小前→鶴嶺神社→登象=寒川駅バス停→寒川神社→宮川=二宮=押切坂上→川勾神社→押切坂上=二宮。177分、6.8Km

今日と明日は、相模の六社巡りに挑戦します。どうも1日では無理そうなので、一之宮から始めて順番に、2日間の予定を組みましたが、本当にそうかは検討してません。専用御朱印帳があるようですが#廃止という説明もある、そんなのは無視して、1日目が一之宮 寒川神社、二之宮 川勾神社、明日2日目で三之宮 比々多神社、四之宮 前鳥神社、五之宮 平塚八幡宮、総社 六所神社を巡る予定。
☆六社の御朱印ですが、左上:一之宮 寒川神社、左下:二之宮 川勾神社、三之宮 比々多神社、中:四之宮 前鳥さきとり神社、右:五之宮 平塚八幡宮#五之宮格、総社 六所神社
画像

§1.寒川神社 ←音楽が流れますのでご注意
 六社ではないのですが、個人的な都合で、がん封じの鶴嶺八幡宮に再訪#190214以来、下右2枚:末社の厳島神社、
画像
 左上2枚:伊勢神宮、左下:道祖神、右:女護ヶ石と朝恵上人の碑
画像
 上:御神木と、拝殿の様子、下左:鐘楼があり、下右2枚:がん封じの淡嶋神社、
画像
 中、左上:さらに奥に鉾宮神社もあった、左:社務所に行くと、綺麗な令和記念の御朱印、右:先日来た時もいただいた御朱印を再度
画像
 左:マグロがぶら下がった居酒屋の前を過ぎて、中:登象バスで茅ヶ崎経由で帰るはずが、こちらからもバスで寒川駅まで行けるようなので、バスに飛び乗る!、右上:バスには国旗#旗日、右中:バス停は寒川駅の側にあったが、駅までの路が少し苦労したが、GPSをよく見て道のりを考え、寒川図書館の前を通って
画像
 上:行政センタの前を抜けて、進路を西にとって、寒川神社への道路に出たようだ、#現在寒川神社の一の鳥居を見たかったのですけど、何処にあるのか地図はありません。ほんとは相模線の踏切から真っすぐに来るはずでしたが…
画像
 上左、上右上:何とか一の鳥居の側に行けました!、下:寒川神社は181017以来2度目ですが、
画像
 左3枚:新天皇即位でイベントがありました、右上:はまごうとさざれ石の写真を撮って、右下:令和記念の御朱印、ねぶた奉灯があるようです。寒川うどんというしょっぱいうどんと、八方除の御守りを頂いて移動
画像

§2.川勾神社 
 六社の2つ目は二宮の川勾神社#どうやって行くのかと結構悩みましたが、左上2枚:宮山から茅ヶ崎経由で、左下:二宮からバスで押切坂上まで行けて、そこは旧東海道で、右:ちょうど十八番目の一里塚の側
画像
 左上:川勾神社入口からアプローチします、左下、右上:薬師堂があって、バス停からはちょっと歩きますけど、東海道を跨いで、
画像
 左上:密巌院の横を過ぎて、左中:途中左へ入ると、左下、右上、右下左:中学校と西光寺の間に、袖切地蔵尊、右下右:その前にあるのが袖切地蔵前石祠
画像
 上左:川勾神社へ、上右2枚:鳥居の前に伊藤博文直筆の鳥居額と、下左:地元の有名人伊達時の写真、
画像
 左:随神門と真っすぐ行って本殿へお詣り、右上:絵馬は龍と白蛇ですね、右っした:振り返ると氏子が集まって天皇即位のお祝いか、通常の祭かわかりませんでしたが、祭の準備中ですかね?、右下右:本殿の横には江戸時代の境内図だったと思いますが、はがきがあって、修繕費用にご協力くださいということで、お応えしました
画像
 左上:社務所に伺うと氏子さんが一杯いたのですが、"開けてあげな"と声をかけてくれた方がいらして、すっかり空きましたが、中:御朱印を頂いて、左下、右上:神輿庫から神輿を出して組み立ててます、右中:鳥居を出ると、雷鳴が響いて、”結構嫌いなもの”なので、帰路へ に着く、右下:雷鳴響けど中々落ちない、雨も降らないので、新逗子で雨宿り
画像
以上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック