190701-02鎌倉十三仏巡り

行程:金沢八景=泉水橋→明王院→浄妙寺→報国寺→覚園寺→moguRa/昼→来迎寺→本覚寺→寿福寺→浄光明寺→海蔵寺→亀ヶ谷切通→浄智寺→北鎌倉→円応寺→寿福寺/再訪→小町通り散策→鎌倉=極楽寺→極楽寺→星井寺虚空蔵堂→成就院→極楽寺=江ノ島=大船。

今日の散策は、昨年亡くなった父と、今年亡くなった弟の新盆を前に供養のために十三仏巡りを行った。「僧侶と廻る鎌倉十三佛」というツアーもあるみたいですが、今回は自分一人で回ります。参拝の際に、鎌倉十三仏詣専用御朱印と念珠玉が入手可能です。
☆鎌倉十三仏霊場は、左1列目上から:第一番 明王院 不動明王 真言宗御室派/第二番 浄妙寺 釈迦如来 臨済宗建長寺派/第八番 報国寺 聖観世音菩薩 臨済宗建長寺派/第十一番 覚園寺 阿閦如来 真言宗泉涌寺派、2列目:第十番 来迎寺 阿弥陀如来 時宗/第三番 本覚寺 文殊菩薩 日蓮宗/第四番 寿福寺 普賢菩薩 臨済宗建長寺派/第九番 浄光明寺 勢至菩薩 真言宗泉涌寺派、右上:第七番 海蔵寺 薬師如来 臨済宗建長寺派、右下の3列目:第六番 浄智寺 弥勒菩薩 臨済宗円覚寺派/第五番 円応寺 地蔵菩薩 臨済宗建長寺派、4列目:第十二番 極楽寺 大日如来 真言律宗/第十三番 星井寺虚空蔵堂 虚空蔵菩薩 真言宗大覚寺派は極楽寺切通にある成就院の境外仏
鎌倉十三仏巡り一覧.jpg

 左:結願して、専用御朱印と、右:念珠玉が揃った
IMG_0496_collage.jpg
<概略ルート>#北鎌倉で日跨き

§1.①明王院#〇に数字は巡礼番号ですが、最初に1番と最後に13番を押さえればいいと教えて頂きました。
 左:金沢八景から京急バスで、泉水橋へ移動しました、中、右上:明王院の門柱、右下:呼ぶなら山門ですかね?
PENG1184_collage.jpg
 上、右下:本堂や寺務所など移動しましたが、住職は不在で10:30まで戻って来ないということで、明石橋近くのコンビニに行って暇をつぶして、下左:振り返ると低い山ですが、霧に霞んでます。この後明王院へ戻って、必要なものをゲット!十三仏詣り御朱印帳、腕輪型念珠セットなど#私の都合で父と弟の二つの結願を目指していて、ここだけで1万円位の出費でした
PENG1191_collage.jpg

§2.②浄妙寺
 左:次なるは浄妙寺で、この先少し歩きます。鎌倉五山の第五位、中、右:境内の茶室に寄りましたが、門前の受付ですべて済んでしまいます#拝観料は必要
PENG1195_collage.jpg

§3.⑧報国寺
 竹寺の報国寺ですが、左:山門から入ると、右上右、右下左:本堂まで#御朱印と念珠玉は本堂で頂けて、拝観料は必要なかった!
PENG1203_collage.jpg

§4.⑪覚園寺
 左:昼近くなりましたが、わらしべちょー茶はお休み、左下:鎌倉宮の前を、覚園寺へ向かいますが、右上:仏像写真の大門さんもお休み、右下:覚園寺
PENG1211_collage.jpg
 覚園寺さんは、庭園見学は毎時00分ですが、御住職がお出かけだったのですが戻って来て対応いただき、御朱印と念珠玉を頂きました 
PENG1217_collage.jpg

§5.⑩来迎寺
 上:昼も近づいて、”moguRa”さんでランチはドライカレー、下:来迎寺へ行きましたが、下右:ハンカチの木かな?、
PENG1225_collage.jpg
 左:来迎寺の山門横には、八雲神社、山門を抜けて、中:本堂へ詣でて、寺務所へ、右下:来迎寺は鎌倉尼五山第一位だった太平寺跡、
PENG1230_collage.jpg

§6.③本覚寺
 金沢街道の宝戒寺から長勝寺の辺りは日蓮聖人のゆかりの地が続きますが、その中心辻説法跡、下中:古民家カフェには今年もブドウの実がも大きくなってきました、下右:本覚寺に到着
PENG1238_collage.jpg
 上左、上中:夷堂橋、上右:東身延の石塔、下左:本堂に詣でて、下右:蓮の咲き出した寺務所で御朱印を頂き、鎌倉駅東口経由して次へ
PENG1243_collage.jpg

§7.④寿福寺
 左上:八坂大神の前を通て、左下:鎌倉五山3位の寿福寺へ、右下:苔が綺麗です、
PENG1251_collage.jpg
 上、下左上:もう何十年も政子・実朝墓へ行っていないので寄ってみたが、道が崩れて直していないので、凄い遠回りをさせられたが寄った、下左下:本堂らしき建物の先に、下右:”立入禁止”の看板の先に寺務所。この住職は、”冷”対応で有名だそうですが、”御朱印を2つはやれない” ”1日に1回だけ”などと問答して面倒くさくなったのか、”帰れ!”って扉を閉じようとする。”別の日なら頂けるんですか?” もう五山3位の風格の、住職の為すことだろうか?
PENG1258_collage.jpg

§8.⑨浄光明寺
 落ち込んだまま、鎌倉十井の泉ノ井のある谷戸の奥にある浄光明寺へ。前の寺でのことを話すと、”御朱印は参拝の記念” ”念珠玉もご自身のためにするもの”と教えて頂きました。私が間違っていたのかもしれませんが、”よいことをされていますね”とお褒めの言葉もいただいたお寺もあるので、不思議です、下中:楊貴妃菩薩像、下右:タイザンボク
PENG1265_collage.jpg

§9.⑦海蔵寺
 左:海蔵寺山門へ。丁度結婚式を終えた新郎新婦が、庭で記念撮影#雨が降ってなくてよかったですね、薬師堂の中央には、本尊の薬師如来坐像と右手に日光菩薩、左手に月光菩薩像、苔が綺麗です、中下:イワタバコの葉っぱ、右:本堂に詣でて、御朱印を頂く
PENG1270_collage.jpg

§10.⑥浄智寺
 左上、左下左:亀ヶ谷切通を越えて、左下右:鎌倉五山第4位の浄智寺へ、右上:受付でお釣りをもらったら、”超珍しい”2千札。一瞬何?と思いましたが、多分人生で2度目の入手なので記念撮影、この紋章は何処のもの?、右下:鐘楼門と大きな花弁のヤマユリ
PENG1277_collage.jpg
ここで1日目終了、北鎌駅前でお茶しながら漏れがないかチェック。しかしながら、もし寿福寺で2個、あるいは1個だけ集めていたら、多分1日で廻れる時間を残してます。僧侶と廻る鎌倉十三佛 では本堂に入ったり、お話をお聞きするなど1日では無理な計画なのではないかと思います。

§11.⑤円応寺
 左上:北鎌倉からスタートして、左下:今日は鎌倉駅で一旦下りて鎌倉・江ノ島パス700円<923円(鎌倉=北鎌倉133+鎌倉=極楽寺220+極楽寺=大船570)を購入し、利用します、第六天の上は、尾根道があって歩けると昔の地図などで紹介されていますが、今は私有地ばかりで入れません、右:建長寺の前を通って、円応寺へ、そういえばお香をお土産にして来ればよかったと思い立った
PENG1285_collage.jpg
 上左:円応寺本堂は撮影可能だったようで、右下:閻魔様
PENG1291_collage.jpg
PENG1296_collage.jpg
 上左上、上右:鶴岡八幡宮の西側のこの山は、鶯ヶ谷と言われて、以前は住宅地図が貼ってありました、上左下:川喜多映画記念館の路地を抜けて、下左:寿福寺へ再訪ですが、御住職は不在で、奥様からすんなりゲット、下右:来た道を戻って、小町通り散策
PENG1302_collage.jpg
 左1列目:鎌倉野菜カレー かん太くん、小町通りは人出はかなり少ない、2列目:鏑木清方記念美術館、箸屋さん#1膳買って来た、3列目:豆柴カフェと猫カフェ、4列目:しらすの店
PENG1310_collage.jpg
 上左:鎌倉五郎 小町通り本店、上右:あじさいの植え込み#飾りは生でない、峰本と、下左:日影茶屋、下中:水に濡れると花や猫が現れるという傘屋さん、上右:江ノ電で極楽寺へ
PENG1318_collage.jpg

§12.⑫極楽寺
 左上:極楽寺へ、左下:駅前に比呂というハンバーグ屋さん、八雲神社の祭礼ですが、何処にあるのか?#大町の八雲神社かな?、右上:導地蔵尊は、海街でロケ地になりましたね#すずが雨宿りした、極楽寺へ#ここも海街の四姉妹の祖母の法事のシーンで登場
PENG1326_collage.jpg
 下左:海街にも出て来た参道、下中:ヒメヒオウギズイセン?、下右:蓮が咲きそうです、
PENG1330_collage.jpg

§13.⑬星井寺虚空蔵堂
 上:極楽寺切通を下って、下左:虚空蔵堂へ、上右:本尊の虚空蔵菩薩?
PENG1335_collage.jpg
 ご真言ですが、他の十三仏全体をまとめてみると楽しいかも、上中:鎌倉十井の祠、上右:舟守地蔵も、下:御朱印は成就院へ、下右:あじさいが綺麗な階段でしたが今現在はこんな感じ
PENG1340_collage.jpg
 左:山門と弘法大師、中、右上:パワースポットの不動明王像(大きな不動明王像)、右下:撫でカエルと半夏生
PENG1350_collage.jpg
 本堂左手の寺務所で、ここの御朱印もいただいて、右下右:7/14は小動神社の天王祭のため江ノ電は停まるみたい
PENG1356_collage.jpg

§.その他
 上左:湘南モノレールで帰りますが、左下、右上:湘南モノレールの駅が改修されて、エレベータで5Fまで行けるようになった、右下:先日823で一緒になったtotoのママのお店へ初お目見え
IMG_0488_collage.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント