200531久し振りの投稿 です

そういえば明日から6月、5月中の投稿が=つまり外出を自粛していてとうとう4-5月は歩いていないし、5月は投稿がゼロになってしまうということで投稿を検討しました。明日から6月ですが、私は50過ぎに歩き始めて、毎週末ウォーカーと称しはや12年になります。
さて、6月と言えばサンショウバラ、サンショウバラと言えば不老山、不老山と言えば登山口がいくつかありますが、世附浅瀬からの登山口がだいぶ前に崩壊してしまい、現在はどうなっているんだろうと気にもなります。しかり最近の体力減退に歩きは遠のくばかり。
登り口の一つ小山町と言えば”岩田澗泉さんの道標”でも有名です。

 その不老山のサンショウバラ。初めての登頂が、100613不老山。棚沢から駿河小山
 次の登頂は明神峠からのアプローチで、110605不老山。駿相国境を行く。明神峠~不老の活路 樹下の二人のマユミの木がそのころは立っていました

 その後も毎年のように訪問させていただいてましたが、130518三宅岳さんの写真展「みちしるべ 岩田澗泉さんの道標」で 生”岩田澗泉さん”にお会いする。三宅岳さんはアルペン雑誌などもかかれたりしている山岳写真家&登山家&山岳執筆者で、Facebookで知り合いましたが、岩田澗泉さんの歓迎会に参加しませんかと誘われたことがありました#確か刑が確定した頃

 また、岩田さんの功労をまとめて、130901岩田さんの不老山標識サマリーを投稿しました。

 最後に行ったのは、150429不老山で岩田澗泉さんの道標 。このころには、道標の劣化、樹下の二人のマユミの木が倒れてた。


 私の最近の近況は、4月に母親の実家を継いでいる従兄を亡くし、葬式の日程が決まった時に、胸を強打してろっ骨を骨折しましたが、当日と翌日は動くと痛くて、病院にも行けませんでした#救急車呼ぶのも考えましたが、近所の方をお騒がせ過ぎるのもどうかと思い留まりました。あれから10日近く経って、だいぶ良くなってベッドから起き上がったり、クシャミしても激痛が走らないなど養生の成果が出てきました#皆さんにはいろいろとご心配をお掛け致しました。

 今後は自粛騒ぎの開けるのを待って、また外出しようかと思います。よろしくお願い致します。岩田澗泉さんは2017年10月にお亡くなりになり、もうお会いできませんが、まだ山に残っている”道標”に会いに行きたいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント